Saoログへようこそ♪ 

歩くのと走るの、どっちが早く痩せる?メリットと早めに効果を出すには?

 ウォーキングのメリット

アキレス腱を伸ばす女性

1、誰でもすぐに始められる

ダイエットにウォーキングを選ぶ一番のメリットは、誰でもすぐに始められるということ。

ウォーキングは、家に歩きやすい靴さえあれば、あとは普段着でもOK!。場所もウォーキングコースや公園などを特別探す必要もなく、すぐにどこでも始めることが出来ます。

2、年齢・性別問わず

ウォーキングは、体力の有無は問わず、誰でもそれほどキツさを感じることなく取り組めるので、運動経験の無い人や昔から走るのは苦手だった、という人にもオススメです。

3、怪我の心配も、ほとんどない

ウォーキングは、常にどちらかの足は地面についているため、着地時の衝撃はランニングに比べてはるかに軽くなります。

そのため、ランニングに比べると、足を痛める可能性はかなり低く、安心して始めることができます

4、ウォーキングは続けやすい

ランニングはウォーキングに比べると、しんどさがあるので、そのつらさから途中で挫折してしまう人が多いですが、ウォーキングの場合は、比較的楽に取り組め、怪我のリスクも低いので、続けやすいです。

ダイエットは「継続すること」が凄く大事になってくるので、ランニングを継続出来るかどうか心配な人は、まずはウォーキングから取り組んでみるのもオススメです。

5、基礎体力を作るのに効果的

長年運動していないような人は、若い頃に比べて体力がかなり落ちてしまい、普段の生活の中でちょっとしたことでもすぐに疲れてしまいます。

体力は、仕事をする時や家事をする時など、普段の生活の中でも欠かせない能力なので、ウォーキングを始めて、まずは基礎的な体力を取り戻しましょう!(^^)

スポンサードリンク

 迷ったら、まずはウォーキング!

どちらに進もうか悩んでいるイラスト

ウォーキングをするか、ランニングをするか…。

迷ったら、まずは負荷が軽いウォーキングから始めてみましょう。

ウォーキングは走る場合に比べると負荷が軽く、1回当たりの消費カロリーは少ないですが、続けることでダイエット効果を得られるのは確かです。

運動初心者や体力に自信が無い人でもすぐに、比較的楽に取り組むことが出来るので、まずはウォーキングから始めてみるのがオススメです。

ウォーキングの続け方

最初のうちは、普通の速度で歩くだけでも大丈夫!

慣れてきたら、呼吸が少し弾み、じんわりと汗が出るくらいのスピードで歩くと、適度な運動効果が得られます。

痩せるためのコツ

ウォーキングなどの有酸素運動は、1回に連続10分程度の運動でも、脂肪燃焼などの効果が得られるので、「まとめて30分」やるのも「1回10分のウォーキングを朝・昼・夜の3回に分けてやる」のも、効果はそれほど変わらないんだそう。

自分の生活に合わせて「習慣化」するためにも「1回15分2セット」や「1回10分×3セット」といったように、分けてウォーキングをするのもいいですね。

スポンサードリンク

 慣れたらランニング

ランニング

ウォーキングである程度の基礎体力をつけ、運動することに慣れてからランニングに移行するのがオススメです。

もっと頑張って痩せたいと思ったら、ランニングをやってみましょう。

運動経験のある人やある程度体力に自信があるという人は、最初からランニングをやってみるのもオススメです。

運動はある程度継続していると、次第にそのダイエット効果は下がっていきます。

例えばウォーキングを続けていて最初はそれなりに順調に痩せることが出来ても、次第に少ないエネルギーで長い距離を移動出来る体になっていくので、ウォーキングダイエットの効果も下がっていきます。

ある程度ウォーキングに慣れてきたら、思い切ってランニングをしてみると良いでしょう。

ランニングの続け方

ランニングを続けていくためには、具体的な目標を持つことが大切!

まずは「5km」を続けて走れるように、目標設定しましょう。

最初は走る・歩くの繰り返しでも大丈夫!無理をせず、苦しくなったら歩く!

最初から追い込んでしまうと「走る=苦しい=嫌だ」となり、せっかく始めたランニングが続かなくなるのはもったいないので、楽に行きましょう!

痩せるためのコツ

毎日走る必要はないですが、週に5日程度は走るようにしましょう。

「週に5日走らなければ!」という気持ちよりも、「2日走ったら1回お休みしよう」くらいの気持ちでいるほうが続けやすいですよ。

スポンサードリンク

 まとめ

全く同じ時間運動するなら、ランニング!

  • ウォーキングとランニング、ダイエット効果が高いのは「ランニング」
  • 全く運動経験の無い人や、長年運動不足になっている人には、ケガなどのリスクも低く、取り組みやすいウォーキングの方がオススメ。

ランニングのメリット

  • カロリー消費が多い
  • 基礎代謝を上げる効果がある
  • 心身のリフレッシュ
  • 快眠

ウォーキングのメリット

  • 誰でもすぐに始められる
  • 年齢・性別問わず
  • 怪我の心配も、ほとんどない
  • ウォーキングは続けやすい
  • 基礎体力を作るのに効果的

迷ったら、まずはウォーキング!

  • 迷ったら、まずは負荷が軽いウォーキングから始める。
  • 消費カロリーは少ないが、続けることでダイエット効果を得られる。
  • 運動初心者や体力に自信が無い人でもすぐに、比較的楽に取り組むことが出来る。

ウォーキングの続け方

  • 最初のうちは、普通の速度で歩くだけでも大丈夫。
  • 慣れてきたら、呼吸が少し弾み、じんわりと汗が出るくらいのスピードで歩く。

痩せるためのコツ

  • ウォーキングの有酸素運動は、連続10分程度の運動でも脂肪燃焼などの効果が得られる。
  • 「まとめて30分」やるのも「1回10分のウォーキングを朝・昼・夜の3回に分けてやる」のも、効果はそれほど変わらない。

慣れたらランニング

  • 運動はある程度継続していると、次第にダイエット効果は下がってくるため、ウォーキングで基礎体力をつけたら、ランニングに移行する。
  • 運動経験のある人やある程度体力に自信がある人は、最初からランニングがオススメ。

ランニングの続け方

  • ランニングを続けるには、目標を持つことが大切!まずは「5km」完走を目標設定する。
  • 最初は走る・歩くの繰り返しでOK!無理をせず、苦しくなったら歩く!
  • ランニングが嫌にならないよう、気楽に行う。

痩せるためのコツ

  • 毎日走る必要はないが、週に5日程度は走るようにする。
  • 「2日走ったら1回お休み」くらいの気持ちの方が、続けやすい。

 

関連記事

 こんにちは、Saoです。みなさん、食事は3食きちんと摂ってますか?体調は良いですか?実はこの「1日3食」は、間違いなんです。「はい?いきなり何言ってんの???」と思いますよね。(^^;でも[…]

茶色のココットに入ったミックスナッツ
銀行に観葉植物がおいてあるのは、犯人の身長の目安になるため。(-。-)y-゜゜゜

Thank you so much for watching

Sponsored Link